ワンピース ベガパンク初登場はアニメ何話?「空白の100年」にも

ワンピース ベガパンクの正体がついにアニメで明らかに‼

世界最大の頭脳を持つ男」で天才科学者等々言われてきましたが実体は謎。

ワンピース新章、1月7日(日)放送「第1089話新章突入!ルフィとサボの針路!」のオープニングでついについに初登場!

アインシュタインにそっくり!

このオープニングは、かなりのネタバレです。

アニメ本編では何話で登場するのか待ち遠しい限りですね。

「空白の100年」に迫ったり、ルフィの父ドラゴンともつながりがあるとか。

ノミノミの実の能力者ベガパンクは、新章「エッグヘッド編」の中心人物です。

どっぷり新章にはまる前にコミック等から得た情報をまとめてみます。

ワンピース ベガパンク 初登場 世界最大の頭脳を持つ男

ベガパンクは「世界最大の頭脳を持つ男」その頭脳は人類が500年をかけて到達する域にあるとのこと。

SSG海軍特殊化学班の班長。

500年って誰が計算したのか知りませんが、とにかく凄い科学者ってことですね。

 

実際、先進的な開発にはベガパンクの名前が必ず出てきます。

エニエスロビー編後のウォーターセブンで初めて名前が出たのが、2007年。

ベガパンク本人の初登場は、コミック105巻の1061話で、2023年。

約16年たってやっと顔が拝めたわけです。

長かったー!!!

アニメでは、2024年1月7日、新章のオープニングで初登場!

本編の登場は、もうちょっとの辛抱ですね。

 

ワンピースのキャラクターには、松田優作=青キジ(クザン)、勝新太郎=藤虎、のように有名人がモデルになる場合が多々あります。

じゃぁベガパンクは?と期待は高まっていました。

登場したベガパンクの容姿は、頭部が大きく、ベロを出し、頭にリンゴをかぶったおじいさん!

ベロを出し・・・20世紀最高の物理学者アルベルト・アインシュタインがモデル

頭にリンゴ・・・リンゴが落ちるのを見て「万有引力の法則」を発見した、数学者で物理学者のアイザック・ニュートン。

世界を代表する天才科学者をモデルとし、ワンピース界トップの科学者であるといっているわけですね。

めちゃくちゃ分かりやすいですね。

性格は、全てが科学優先の完全主義的部分がある一方で、発明品の使用方法をうっかり間違え吹っ飛んでしまったりと、抜けた一面もあります。

威厳ある年配者ではなく、親しみを持って「おやじ」「じーさん」など呼ばれるタイプで、ルフィは好みそう。

語尾は「クエーサー」、例えば「助けてクエーサ~~!!」だったりと、お茶目ですね。

 

ワンピース ベガパンク 初登場 エッグヘッド島=未来島

偉大なる航路の後半 ”新世界” 。

通称「未来島」と呼ばれる世界政府所有の島エッグヘッド。

そこに、ベガパンクの研究所があります。

パンクハザードがシーザー・クラウンによって壊滅した為、研究所ごと引っ越してきたのですね。

本来エッグヘッドは冬島ですが、ベガパンク開発の「島エアコン」が稼働し島全体が南国状態となっています。

大丈夫なのそんなことして?と誰しもが思いますよね。

やはり自然形態を人工的に変化させた影響は大きいようで、島周辺海域に巨大な暖水渦が発生し、船の舵が効かないなど問題はあるようです。

まぁ、私も寒さには弱いので、助かる住民がいることはわかるんですが、白熊とか、アザラシとか、どうしてるのか?そんな動物いないのかな?

島の上空には「研究層(ラボフェーズ)」と呼ばれる、空島のような島雲と海雲がみられます。

最上部は巨大な卵型の研究所があります。

他にも「真空ロケット」「巨大ロボ」「宇宙怪獣」「立体映像」「ホログラム」「無人調理器」「高圧グローブ」等々。

まさに未来空間!

「未来島」と呼ばれるにふさわしい風景が出来上がっています。

政府所有の島が、ベガパンクの発明品でつくりかえられたのでしょうか。

 

また、ジュエリーボニ―から命を狙われます。

こちらの記事を見て下さい。↓

ジュエリーボニー登場回 アニメ何話?新章エッグヘッドでくまと再会!

ボニー能力”トシトシの実”はサターン聖の実験「成功したが不要の実」?

 

ワンピース ベガパンク 初登場 ノミノミの実の能力者

ベガパンクは、ノミノミの実の能力者です。

この能力は、記憶領域が無限となるようなのです。

つまり、いくらでも知識を記憶し、蓄えられるという研究者のベガパンクにはぴったりの能力ですね。

 

しかし、蓄えた知識量に比例し頭部(頭脳)肥大するというちょっと困った部分もあります。

ベガパンクの頭部も巨人族ほどに巨大化したようです。

頭だけが巨人族って・・・生活自体が難しくなりますよね。

しかしそこは発明家のベガパンク、パンクレコーズ(PUNK)を発明します。

 

パンクレコーズは、巨大頭脳の保管庫で、これまでの記憶や経験を複数人で共有できる装置。

島上空の卵の殻のところにあるのがこの装置です。

ベガパンクは、自分の頭部(頭脳)を切りとり、そこに保存します。

 

容姿で紹介した頭にかぶったリンゴは、パンクレコーズからフィードバックを受け取るためのアンテナでした。

パンクレコーズは、ベガパンク自身を助けるためだけだはなく、全世界の人類と脳を共有し、人類の平和に役立てる、という壮大な夢(計画)が描かれているのです。

聞いてるだけで鳥肌ものですが「大きくなったから切り取っちゃえ!」ってことじゃなかったのですね。

私のような凡人にはわかりません。

 

そして、「猫の手も借りたい」ほど忙しいベガパンクは、「猫」と書いて「サテライト」と呼ばせる分身体を6体作りパンクレコーズで記憶(情報)を共有しながら活動しています。

つまり、同じ記憶(情報)を持った、7人のベガパンクが存在するわけです。

サテライトに関しての記事はこちらを見てください。↓

ワンピース サテライト ベガパンクの分身体、リリスとシャカ登場!

 

ワンピース ベガパンク 初登場 「空白の100年」

秀でた何かを持った人間には、敵も多いはず。

ベガパンクの敵は、あの巨大な世界政府だったようです。

CP0が世界政府からベガパンク暗殺の命を受け、エッグヘッドに入島してきました。

では何故、天才科学者を消したいのか?

それは「空白の100年」に関わるものだったのです。

 

ベガパンクから、以下のことが明かされます。

・バスターコールで壊滅的な被害を受けたオハラから、生き残った文献を巨人族がエルバフに持ち帰ったこと。

・ベガパンクは、自身の興味から内密にエルバフへ行き、文献を全て読んだこと。

・ノミノミの実の力で文献を全て記憶していること。

・オハラの学者よりもさらに進んだ知識を受け取り、研究を続けていること。

・オハラの意志は生きていること。

政府が必死に隠す「空白の100年」に天才科学者が迫っているとなれば暗殺計画もあり得ますね。

それが、エッグヘッド事件に繋がります。

エッグヘッド事件はこちらの記事で書いていますので、見てみてください。

エッグヘッド事件 裏切り者はヨーク!黄猿も?発端はベガパンク?

 

ルフィたち麦わらの一味は、ベガパンクを救出しエッグヘッドを無事出航できるのか。

まだまだ、一波乱ありそうです。

 

嬉しいこともありました。

サウロの生存が確認され、ロビンが歓喜の涙を流していました。

本当に良かった!

また、ベガパンクは、オハラに花を手向け(たむけ)たとき、ルフィの父ドラゴンと一緒でした。

交流があったのですね。

新章のオープニングで、花を持つ2人、ベガパンクとドラゴンの手が描かれています。

オープニングに関しては、こちらの記事を見てください。↓

ワンピース オープニングのネタバレからみる新章未来島エッグヘッド編

 

ワンピース ベガパンク 初登場 アニメ何話?「空白の100年」にも まとめ

ベガパンクは「世界最大の頭脳を持つ男」その頭脳は人類が500年をかけて到達する域と言われています。

新章、1月7日(日)放送「第1089話新章突入!ルフィとサボの針路!」のオープニングでアニメ初登場!

全てにおいて科学優先だが、意外と親しみの持てるおじさん。

ベガパンク本人が「ステラ」。

「猫」と書いて「サテライト」と読むベガパンクの分身体が6人(体)いる。

空白の100年」に迫ったことで、世界政府から命を狙われる。

ルフィの父、ドラゴンと知り合いである。

ここまでが、現在分かっている情報です。

新章の進み具合で捕捉していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました